自己破産 会社 解雇

自己破産することのデメリット

借金で火の車

 

自己破産に対してはいまだに多くのみなさんが誤解をしている点が多いようです。
特に多いのが自己破産した人に対して多くのデメリットがあり、破産後の生活に多くの制約やペナルティーがあるらしい、という誤解や勘違い。根拠に乏しい都市伝説的なものまでいろいろあります。

 

もちろん自己破産は法律で認められた正当な行為です。しかし「破産」といえば良いイメージがあるはずもなく、誰かに知られるなんてことは考えられませんよね。周囲には完全に内緒にしたまま隠し通していきたいのは当然のことと思います。

 

まして自分が勤めている会社に知られでもしたらどうなるのかなんて想像するのも恐ろしいこと。そんな不安からなのか自分が自己破産したことが会社に知られるとクビになるのでは、と考えている方が多いようなのです。

 

自己破産についての大きな誤解

 

借金で途方に暮れる

 

自己破産をしたことが会社に知られてクビになる、ということはありません。

 

自己破産の事実が会社に通知されることがありませんし、もし仮に自己破産の事実を会社が知ったとして、そのことを理由にあなたを解雇することはできません。

 

自己破産を解雇の事由にすることはありませんし、もし万が一解雇された場合は「不当解雇」なので解雇の取り消しと賠償請求の対象となります。

 

もし仮に会社の就業規則で自己破産が解雇事由として決められていても、そのような規則自体が法的に無効ですから同じく不当解雇になります。

 

ただ一点だけ、自己破産したことが公表される場面があります。国が発行する「官報」に自己破産者についての情報が記載されるのですが、これは避けることができません。

 

しかし、官報を目にしたことがある方がいるでしょうか。ごく一部の限られた人しか見る機会のない官報の紙面に目を凝らして探さなければ気が付くことはないでしょう。

 

自己破産を会社に知られる可能性は

 

債務整理の手続き開始

 

このようにあなたが自己破産したとしても、自分から誰かに言わない限りは会社に知られる可能性はありませんし、会社に直接、通知などが来ることはありえません。

 

ただし、一つだけ会社に自己破産を知られる可能性があるとしたら、あなたが会社から借金をしていた場合です。社内に従業員の借り入れ制度などがあり、あなたがその制度を利用して会社からお金を借りていたケースです。

 

その時は会社があなたの「債権者」になりますから、自己破産をすることが会社側に知らされてしまいます。その場合は必然的にあなたの自己破産は勤務先に知られることとなります。

 

要件に該当しなければ積極的に利用すべし

 

進むべき道を選ぶ

 

自己破産には、そのほか高価な財産の没収、クレジット・ローンの利用がしばらくできない、保険の外交など一部の職業の制限があります。

 

逆に言えばそれらに該当しない、しばらくローンは利用しないという人にとって、自己破産はメリットばかりが多くてデメリットと呼べるものは特に無い、ということでもあります。

 

そのほかに選挙権がなくなるとか、部屋が借りられない、旅行など自由に移動できないなどは自己破産に関する代表的な誤解です。自己破産したことは会社にも学校にも市役所などにも通知されることはありません。

 

現在返済しきれない金額の借金があったり、返済のためにさらに借金しなければならない状態であれば迷わず自己破産について専門家に相談するのが良いでしょう。相談によってより良い解決策が見つかることも少なくないのです。

 

当サイトのおすすめは24時間いつでも匿名で利用できるメール相談です。怪しげな業者ではなく「街角相談所」に所属する本物の弁護士、司法書士があなたの現状を無料診断してくれます。

借金無料相談バナー

自己破産について相談する

 

どうしようか心配で頭を抱える

 

自己破産して勤務している会社を解雇されるのではないか、と心配している人が意外に多いようです。しかし、それは余計な心配であり、そのような可能性はありません。

 

自己破産した場合はデメリットもそれなりに重いものがありますが、その事実を勤務先に知られ解雇されることはないのです。

 

自己破産したら会社を解雇されるのではないか、辞めさせられることになるのでは、と不安に感じている方が多いかもしれません。しかし、心配無用で自己破産したことが理由で解雇されませんし、そもそも自己破産の事実を知られることもありません。

 

自己破産は官報などに載るため、会社に自己破産したことがばれたり、それが原因で解雇されたりしないのか不安を持っている人も多いでしょう。しかし、自己破産の事実がばれたり解雇されるなどの心配をする必要はありません。

 

膨大な金額の借金がある場合、躊躇なく弁護士に債務整理を依頼し、自己破産の免責を受けることをお勧めします。

 

自己破産しても大丈夫?

 

返済できないほどの膨大な借金があると、毎日の生活が苦しいだけの暗い毎日になります。しかし、自己破産をすることで債務をすべて免責してもらえるのです。ここから人生再出発を果たす人も少なくありません。

 

自己破産をして立ち直った有名人、芸能人の方もいらっしゃいますし堂々と過去の反省と現在に至った経緯を話している姿を目にしているかもしれません。大切なのは自己破産を必要以上に不安視する必要はないということです。

 

自己破産は怖くない

 

自己破産は怖いと言うイメージがあるようです。裁判所に出頭し裁判官の前で陳述をさせられることは事実でしょう。弁護士に依頼すれば「振り付け」をしっかりしてくれるので、言われた通りにすれば終わります。

 

自己破産の手続は結構面倒です。最近は裁判所の人が親切に教えてくれるようで、自分でする人もいらっしゃいます。ただ、これはお勧めできません。一度や二度裁判所に行って終わるほど生易しい手続きではありません。

 

お金がかかりますが…

 

とはいえ、弁護士に依頼すると40万から50万必要です。そんなお金はないと言われるかもしれません。実は弁護士の多くは分割払いがOKです。また、自己破産が終われば今まで支払っていた返済がなくなり、弁護士費用の支払も十分できます。

 

また、自己破産を開始すると借入金の返済が一時停止します。そのため、毎月の返済が自己破産終了を待たずに止まるのです。つまり、自己破産手続の開始と同時に弁護士への支払を無理なく開始できます。

 

自己破産は親や会社に知られない?

 

まず電話で話を聞いてみる

 

自己破産をすると親や会社に知られるのではないかと分に思う人も多いようです。会社に知られて解雇される可能性があるかもしれないと不安に思っている方も少なくありません。

 

しかし、弁護士に依頼すれば誰にも知られずコッソリできます。自己破産の手続は結構書類が多く、郵送物も少なくありません。ただし、弁護士に依頼するとすべての郵送物は弁護士に届きます。自分に届く郵便物はないので誰にもばれることはありません。

 

こっそりできます

 

自己破産に限らず、債務整理を弁護士に依頼すると弁護士が「代理人」になります。そのため、郵送物は当然のこと、電話連絡も一切ありません。

 

今まで消費者金融などから督促の電話も多かったかもしれませんが、一気に止まります。自分への電話を隠す必要もなくなり、毎日気が楽になるはずです。

 

弁護士に依頼すれば問題なし

 

このように弁護士に自己破産などの債務整理を依頼することで、自分の借金問題がスムーズに解決します。弁護士は敷居が高くて頼みにくいと思っている人も多いようですが、債務整理を得意とする弁護士はそのようなことがありません。

 

自分と同じ悩みを抱えている人の借金問題を解決しているのが弁護士なのです。

 

自己破産するとどうなる

 

自己破産については知らないことだらけ

 

自己破産をすると自分の生活が変わります。今まで借金返済だけのために働いていたのに、返済がなくなりますから生活が楽になるでしょう。そのため、自己破産後は性格が明るくなったと言われることが少なくありません。

 

一つだけ、自己破産には官報に住所氏名が載るというデメリットがあります。官報に載った当日から怪しげな金融機関、つまり闇金業者から電話がかかってきたり、「ブラックでも借りられます」といったダイレクトメールが届く可能性もあります。

 

わずらわしいと思う人が多いかと思いますがこれは仕方がないところ。無視していればかまいません。これにより周囲に自己破産がバレることもありませんから大丈夫です。

 

官報に載ります

 

官報に載っても読む人はほとんどいません。ただ、ヤミ金や詐欺師は見ています。潜在的なお得意さんだからです。

 

そのため、このような人たちの餌食にならないように気を付ける必要があります。弁護士に自己破産を依頼するメリットは、このようなデメリットに対する対処方法を知っている事も挙げられます。

 

借金がチャラになります

 

自己破産により免責が確定すると借金返済が免除されます。毎月、自分の収入のほとんどを借金返済に充てていた人にとっては夢のような毎日ではないでしょうか。

 

自己破産を弁護士に依頼すれば弁護士費用が必要です。また、官報にも載ってしまいます。しかし、これらのデメリットが霞むほどのメリットがあるのです。

 

自己破産するには

 

相談して話を聞いてもらう

 

では、自己破産をするためにはどうすればいいのでしょうか。先ほど述べた通り弁護士に依頼することが一番です。

 

また、自己破産にはメリットだけではなくデメリットもあります。自分では自己破産をしなければいけないと思っていても、実際には任意整理のような官報に載らない方法で解消できる場合も少なくありません。

 

一度、弁護士の無料相談を受けることをお勧めします。

 

弁護士に依頼することがお勧め

 

このように自己破産を考えるのであれば、一度弁護士に相談することをお勧めします。

 

ひょっとしたら自己破産より費用が掛からず、手続も簡単な任意整理を利用できるかもしれません。自己判断で自己破産を選択することは危険です。

 

最初は無料相談が必要

 

弁護士は依頼を受ける前に必ず無料相談を受けます。そうしないと、その人にベストの債務整理の方法を選択できないからです。

 

債務整理を得意とする弁護士は最初の相談料は無料です。相手の懐具合を知っていますから、相談料の5千円も支払がきついことを知っています。こんな弁護士に相談すれば安心ではないでしょうか。

 

当サイトのおすすめは24時間いつでも匿名で利用できるメール相談です。怪しげな業者ではなく「街角相談所」に所属する本物の弁護士、司法書士があなたの現状を無料診断してくれます。

借金無料相談バナー